理科・社会の記述問題が楽しくよくわかるカード 第1弾(2020版)

記述問題は、大学入試改革の影響もあり、中学受験~大学受験までレベルや偏差値に係わらず、増加傾向にあり、今後も確実に増加し、重要視されます。

特に、適性検査では、実施当初から記述問題の出題が多いのは周知の事実です。

適性検査で出題される記述問題(作文はのぞく)は、主に以下の6つのタイプに分類することができます。

①理由を問う記述タイプ
■出題科目:主に理科・社会
■出題例:「なぜ…したのか、理由を書きなさい」
「●●を選んだ理由を●●という言葉を用いて書きなさい。」
「理由として考えられることを書きなさい。」


②説明させる記述タイプ
■出題科目:主に理科・社会
■出題例:「…について説明しなさい」
「『●●』『▲▲』の2つの言葉を使って説明しなさい」

③空欄部分をうめる記述タイプ
■出題科目:主に理科・社会
■出題例:会話文の「         」に入る,ふさわしい内容を書きましょう。

④資料(グラフや表や図)から読み取る記述タイプ
■出題科目:主に社会
■出題例:「グラフ、表、図を読み取り、●●について書きなさい。」
「資料を見て、わかることを書きなさい。」
「資料を見て、読み取れることを書きなさい。」

⑤意見を求める記述タイプ
■出題科目:主に国語・社会
■出題例:「…についてあなたの意見を書きなさい。」
「…についてどう思いますか。あなたの体験談を交えて書きなさい。」

⑥解法記述タイプ
■出題科目:主に算数
■出題例:「なぜそのそのように解いたか言葉と式で説明しなさい。」
「●●を求めよ。途中の考え方も書きなさい。」
「どのように解いたか、説明せよ。」
「答えと求め方を書きなさい」

カードは、最新の2020年の全国の適性検査で出題された記述問題から、①、②、③の問題を厳選しています。

ほとんどの学校で記述問題が出題されているので、今回のカードは自信を持っておすすめします。

ハガキサイズのミニカードで、表面に「問題」、裏面に「解答例」「記述のポイント」「解説」と両面に印刷しています。

まずは、表面の問題を見て、解き、裏面の解答例、記述のポイントを見て採点。
その後、時間を置いて、理解しているかチェック。
という流れがおすすめです。

イラストや色をたくさん使っているので、見やすくわかりやすいと思います。
また、朝の学校に行く前や夜、寝る前など、ちょっとした時間に手軽に勉強できます。

■ハガキサイズ 超厚口用紙 両面印刷 合計35枚
(2020年度 適性検査出題問題)

なかなか子どもが勉強してくれないとお嘆きの親御様は是非お試しください!

商品は無料で発送致します。

あくまでも手作り商品ですので、細かいことを気にされる方はご遠慮ください。

¥ 3,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価